小顔の矯正なら相談【筋膜から小顔矯正が行える】

女性

クリニックで小さな顔へ

レディ

外科手術からプチ整形まで

美容整形外科では小顔矯正治療も数々用意されており、エラ骨が張っている状態では、張り出した骨を直接削る整形治療が最も効果的となっています。この治療は出っ張ったエラ骨を物理的にスッキリさせるため、横から見ても小さな顔になれるのが特徴です。また、整形手術では、エラに位置する咬筋の一部を外科的に除去する治療もあります。発達した筋肉を切除するため、この小顔矯正治療も、一回の手術でホッソリした顔を手に入れられるのが特色です。一方、美容整形外科にはボトックスを注入するなど、顔を切らずに済む小顔矯正治療もあります。ボトックス注入は筋肉が動くように指令を伝える神経伝達物質の活動を遮り、咬筋をボリュームダウンさせる治療です。注射のみで完結するプチ整形のため、メスによる切り傷は付かず、翌日の生活にも殆ど影響を与えません。外科手術に抵抗がある方でも受けやすいことから、現在では多く方が希望される人気の小顔矯正治療となっています。そして、ボトックス注入と並んで注目されているのがBNLS注射であり、こちらも切開を伴わずに小さな顔へ整えてくれる治療です。BNLS注射では脂肪を溶かす薬を注入するため、顔に余分なお肉が付いているなど、咬筋を細めるだけでは小顔効果が得られなかった場合にも有効となっています。いずれの整形施術を受ける場合でも、小顔矯正治療を行う時はクリニック選びも欠かせない準備です。外科手術はもちろんのこと、注射方式でもクリニック選びをおろそかにすれば、希望したほど小顔効果が得られない場合があります。そこで治療先のクリニックは、実際に訪れて、カウンセリングを受けてから決めるのがポイントです。直接医師と話すことで信頼性や相性なども確認できますので、可能であれば複数のクリニックでカウンセリングを受けてから、最終的な依頼先を決めましょう。また、小顔矯正のカウンセリングでも飲んでいるお薬などを質問されるため、現在服用中の市販薬や処方薬があれば、そのメモなどを準備して持参します。アレルギーの有無なども確認されますので、過去のことも話せるように、伝えるべき点を予めまとめておきましょう。このほか、エラ骨の整形手術は一泊程度入院する場合があるため、仕事や学校のスケジュール調整を済ますことも大切です。そしてカウンセリングを受け、そのクリニックで治療を受けることを決めましたら、申し込みを致します。当日に施術可能な注射治療なら、申し込み手続きと料金払いを終えれば、その日に治療してもらえる場合も少なくありません。後日に治療を行うなら希望日時を伝え、クリニック側と相談したうえで治療日時を確定し、予約を入れます。