小顔の矯正なら相談【筋膜から小顔矯正が行える】

女性
カウンセリング

すっきりした小顔になる

美容外科クリニックで受けられる小顔矯正には、ボトックス注射や脂肪吸引や骨削りなどがあり、顔の状態に応じて施術を選びます。クリニックを選ぶ際には施術のリスクについても説明を受け、費用や医師の経歴なども確認しておきましょう。

看護師

顔を小さくできる

大きな顔を変えられる小顔矯正の治療法はクリニックを利用すれば、問題なく受けられるので対応は可能です。利用できる治療法としてはアゴの部分の骨を削るやり方や、筋肉を弱らせる特別な注射を行う方法を選べます。

干渉できる限界

顔を触る人

様々な物を利用しています

筋組織を含めた体の構成組織の引き上げに、金や医療用の特殊な糸を使うと施術方法によっては皮膚を切除せずに小顔矯正が可能です。腫れや痛みを抑えるならショッピングスレッドリフトがお勧めで、この施術は使用する糸が1年程で体内に吸収されるため、術後の安全性も高い特徴があります。また糸の本数によっては費用を20万円程に抑えられるので、小顔矯正施術の効果を一度体感したい人にお勧めです。小顔矯正とアンチエイジングを同時に希望する方は、金の糸を使ったゴールデンリフト施術を医師に相談してみましょう。体内に純金の糸を埋め込み皮膚を引き上げると、細胞が構成組織の異常を感知して血行促進等の創生治癒能力が促進されます。そのためヒアルロン酸やコラーゲンの分泌量が多くなるので、肌年齢を若返らせられます。さらに施術規模の広い小顔施術を希望する方は、スライダーリフトの受診を検討しましょう。スライダーリフトはプレートで小顔矯正をするので、施術効果を付与する接地面積が多く大規模な輪郭修正を行えます。安全性も皮膚を2cm程切開しそこからプレートを挿入するため、皮膚の負担も軽減され時間経過でプレートが体内に吸収される特徴もあります。施術の効果期間も5年と長期間なので、施術の費用対効果も高い施術として知られています。加齢とともに体内の美容物質や骨は作成よりも損失のほうが上回るので、小顔矯正でこの体内環境を改善する必要があります。小顔だけでなく理想のフェイスラインにするには適度な脂肪とヒアルロン酸が必要なため、アンチエイジング施術と同時に行うのが常態化しています。特に注入施術は術痕の残りにくいマイクロカニューレの使用が容易で、気になる患部に細かく注入できる高いデザイン性も実現できます。より術痕を残さずにするには超音波を使ったウルトラリフトも人気が高く、ダウンタイムが私生活に影響を及ぼす事もありません。ただし矯正施術には、一部の体内組織に干渉できない施術もあるため、複数の施術を併用受診して小顔を実現するやり方もあります。脂肪吸引で小顔矯正する時に使うサーミRFが有名で、3mm以下のカニューレで構成組織に高周波を照射し、脂肪吸引後に起きる腫れや内出血を防ぎます。さらに微細な機具で術痕を残したくない方は、こめかみリフトの同時受診もお勧めで、この施術は髪の毛の生え際を切開するため目蓋の同時修正も行えます。こめかみリフトは他にもリガメント切断施術も同時受診でき、筋膜から小顔矯正が行えるため、医師に相談し必要に合わせて受診をお勧めします。

顔を触る人

フェイスラインを柔らかく

小顔矯正の相場と費用はマッサージとボトックスの普及と発達でかなり低くなっています。気を付けるべき点は安くて信用度の低い病院を利用してしまうことと、焦ってリスクの高い施術をしてしまわないようにじっくりと進めていくというものです。

レディ

クリニックで小さな顔へ

咬筋除去やエラ骨削りなど、美容整形の小顔矯正治療では外科手術のほか、ボトックスやBNLS注射などのプチ整形も用意されています。また治療ではクリニック選びも大切な準備ですが、服用薬がある際は、そのメモ類を持参してカウンセリングを受けましょう。